あてもなき 夢想に耽らぬ 人やある

Entries

哀愁の調べ わが心を慰む (20)


儚き夢

ロシア風イージーリスニング(「哀愁の調べ わが心を慰む (19)」)に凝っている内に、思いがけない発見です:

 乙女たち...
 
アップテンポで、でもどこか哀しげな曲をバックに、読書や散歩中の可憐な少女たちの絵が流れます。

何気ない姿を目にした瞬間、ほのかな恋心が芽生えて抑えられなくなる。昔々そういうこともありました...

絵の少女たちを見ていると、ナンパしようなどという気も失せて、ただただ見とれていたくなる。これは言わば片思いの世界。

そう気付いてもまだ眺めていたい。そんな願いが伝わったのか、同じ絵を大きなサイズで見せる動画が出てきました:

 ビデオ・ギャラリー

中でも1番, 3番, 4番と後半の何人か、清楚で気品のある雰囲気には溜息が出てしまう。

そして芥川龍之介『侏儒の言葉』の一節を思い出す:

少女 --- どこまで行っても清冽な浅瀬


そんなんじゃないことは分っているけど、この絵の少女たちを前にすると夢を見ずにはいられない... 一体何故なのか考えていると、絵の仕上って行く様を見せる動画があって、モデル無しで制作しているように見える:

 Emerald Bay

ということは、彼女たちは画家自身の憧れを絵にしたものなのかも。

それに、初めは細部まで綿密に描いてあるように感じたが、筆遣いを見ていると巧みにぼかして、見る者に想像の余地を残しているような気がする。夜目遠目笠の内。そのテクニックには脱帽です。

このブログを読んだ娘たちが「男ってバカね〜」と呟き、こんな雰囲気を狙って化粧や立ち居振舞いを工夫し始めたら... 夢見る少年を待っているのは果して幻滅か、それとも幻滅を突き抜けた先にある真の出会いか、な〜んてね。

追伸。私の楽しみ方:

 乙女たち...

の音楽を繰り返し流しながら、

 ビデオ・ギャラリー

を画面一杯のウインドウに表示し、音を消して再生速度0.5で流す。

気持良いですよ。但し、先日ご紹介したブラウザBrave(「YouTubeがCM無しで見られるブラウザ"Brave"」)を使わないと、あちこちにCMが入って悲惨なことになります。

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

Recent Entries