あてもなき 夢想に耽らぬ 人やある

Entries

ぴあの(2)70で始めたきっかけ(続)


「Chi Mai」の譜面をもらって、左手の音符全てにドレミファを振った。これで鍵盤上の位置を覚えてしまえば、指一本で弾くテンポも上がって楽しめる...

予定だったのですが、実際に鍵盤アプリで左手部分を弾いてみると、あんなに気に入っていたのに意外と単調で、期待した程嬉しくない!

おかしい。

こんな筈じゃなかった。

考えあぐねた末に閃きました:

ひょっとして、右手の奏でる旋律があるから、左手部分が魅力的に聞こえるのか知らん。

そこで右手の方も少し音を出してみた。しかしこれも、指一本で弾けるところはちょ〜っと物足りない。目覚しで聴いた限りでは、最初から美しい旋律に聞こえたのに。

ひょっとして、左手あってこそ右手の旋律が生きるのかも。

これは大発見...

えっ? そんなこと誰でも知ってる?

でも不肖私、この時初めて気付いたのです:

 それだけでは短調な左手が、旋律を背景にするととても魅力的に聞こえ、
 右手の旋律も、左手が加わるとずっと豊かな調べに聞こえる。

それで小人閑居して... 夢を見てしまいました。子供の玩具に音の出る鍵盤があるが、あれの大人用でも買って (キーポードと呼ぶらしい)、左右の音を同時に鳴らしてみたいと。

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

Recent Entries