あてもなき 夢想に耽らぬ 人やある

Archive [2013年09月 ] 記事一覧

ゴールドマン・サックス関係の裁判で遂に陪審の有罪評決


と言っても、8月1日に有罪評決を受けたのは、既に退職した元トレーダーのファブリス・トゥール一人です。2010年4月にSEC(米証券取引委員会)がニューヨーク連邦地裁に民事提訴した裁判の結果で、提訴理由は「サブプライム・ローン関連の金融派生商品を設計して、顧客に不利な情報を伏せたまま販売した行為」です。ゴールドマン・サックス(GS)と言えば、サブプライム・ローンに起因する金融危機の元凶と目される金融機関の一つであり...

Menu

Archive

Calendar

08|2013.09|10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -