あてもなき 夢想に耽らぬ 人やある

Archive [2009年03月 ] 記事一覧

『源氏物語』54帖執筆順の謎:大野晋の解説書紹介


『源氏』研究では素人だった和辻哲郎が、54帖の執筆順を解明するのに貢献した、という話です。彼は「第一帖桐壷から第二帖帚木に読み進んだときに違和感を感じる」と指摘した。更に、桐壷の巻では光源氏の女性関係について「藤壷が好きで葵の上をほんとには好きになれなかった」としか書いてないのに、帚木の巻の冒頭で彼がいきなり有名な好色人として登場するのは変だと感じ、そこから『源氏』は現在の順序で書かれたのではないだ...

Menu

Archive

Calendar

02|2009.03|04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -