あてもなき 夢想に耽らぬ 人やある

Archive [2008年06月 ] 記事一覧

夢と記憶喪失と脳科学 (続き)


私の友人に哲学に詳しい人がいて、フロイト理論の愛好者の考えには結構批判的です。しかし私が更に論じて、現在の脳科学で把握できる生理的現象もしくは変化からでは、到底意識の中身に手が届かない。となれば、無意識が意識の合間に錯誤行為として顔を出したところ、夢に様々な要素となって表れたところ、それらを手掛かりに無意識を探る、これは実に洗練された手法ではないか。フロイト的アプローチとは、「無意識を意識の側から...

Menu

Archive

Calendar

05|2008.06|07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -